レセプション(受付・事務)/
田中 美紀

  • ボルボ・カー新潟
  • 2015年入社
  • 新潟大学 経済学部 経営学科  卒

常に“一歩先”を目指す

志望動機を教えて下さい。
「私たちのお客様を世界一幸せにするために全力を捧げる」というSKY GROUPの経営理念に共感して志望しました。実際に企業説明会でショールーム見学に行った際、働いている先輩社員の方々を拝見して、全力でお客様のために仕事に取り組んでいるという印象が伝わってきました。自分もSKY GROUPの一員となり、お客様のために精進している方々と一緒に働くことができれば、同時に自分を高めていけるのではないかと思ったのが志望のきっかけでした。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
ご来店頂いたお客様への飲料のご提供、電話対応、予約の受付、車両の登録業務、保険の管理と幅広い業務を行っています。ショールームの状況を常に把握して、セールスやメカニックにお客様の正確な情報を伝達するコントローラーのような役割をするのがレセプションです。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
オンとオフのメリハリがしっかりと区別されている会社だと感じました。会社で定期的に行われる催しの際は、本当に楽しい方ばかりで毎回盛り上がり楽しませていただいています。一方、仕事になると全社員が自らの仕事に懸命に全力で取り掛かります。本当にオンとオフが切り替わったみたいに、仕事とプライベートのメリハリがあります。
仕事のやりがいはなんですか?
感謝のお言葉をお客様から頂いた際が嬉しくて幸せな瞬間なのですが、自分はその一歩先でお客様に“名前を覚えて頂いた時”がとてもやりがいを感じます。レセプションは、お客様になかなか認知していただけないのが現状です。よくお客様から「ショールームの受付の子」という風に覚えて頂くことはありますが、名前まで覚えて頂く事はセールスに比べると多くはありません。なので、自分の名前をお客様に覚えて頂くように自分自身が努力します。例えば、お客様にお飲み物をお持ちする際、商談や整備のため短期間で何度もご来店するお客様には、“お名前”でお呼びします。そうすると、自然とお客様も自分の名前を覚えて頂くのです。名前を覚えて頂いた時は、自分というレセプションがいてこのショールームが成り立っているとお客様に認識して頂けた瞬間なので、本当に嬉しくてやりがいを感じます。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
入社当初は何も分からない状況だったので苦労しました。初めは、先輩にサポートして頂きながら一緒に業務を行っていたのですが、徐々に自分一人の力で行わなければいけない業務が増えて、つまずいたり悔しい思いをたくさん経験しました。しかし、先輩が自分のミスをフォローしてくれたり、気さくに声をかけて頂いたおかげで何度も助けられました。人生の先輩として、憧れる方々ばかりで常に自分を高めることができています。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
音楽が大好きだったので、友人とバンドを結成して夢中で取り組んでいました。ボーカルを担当していたので、社内のカラオケ大会には必ず呼ばれます(笑)。 アルバイトは居酒屋で接客業をしていました。学生の頃から、人と接することが大好きだったため、将来はお客様と直接関わることのできる接客に関する仕事がしたいと考えていました。
どういう人がレセプションに向いていると思いますか?
積極的に自分のステップアップを目指せる人が向いていると思います。受付は簡単な仕事と思われるかもしれませんが、業務内容は幅広く、身に付けなければいけない知識や経験は沢山あります。分からないことや未経験の事にも屈することなく、自信を持って仕事に取り組める人はレセプションとして成長できると思います。今でも自信がなくなる事はたくさんありますが、ショールームに立っている時は自信を持ってお客様をお出迎えできます。なので、常に向上心のある方はレセプションとしてお客様に満足して頂くことができると思います。
SKY GROUPに入りたい方に一言。
自分は、自信がなくネガティブ思考の性格でした。そんな自分に嫌気が差し、変えたいと強く感じて飛び込みました。自分のように前向きになれない方はたくさんいると思います。自分も変わることができたので、必ず変わることができます。一歩、勇気を出して飛び込んで来て下さい。自分達が全力で受け止めるので安心して下さい。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY