メカニック(整備士)/
渡辺 光樹

  • Niigata BMW アフターセールス部
  • 2015年入社
  • GIA新潟国際自動車大学校 2級自動車整備科 卒

“最先端技術”を肌で感じられる

志望動機を教えて下さい。
学生時代から車、特に“輸入車”に興味がありました。街で輸入車を見かけるたびに繊麗されたデザインに感銘を受けていました。そんな輸入車に触れることができるSKY GROUPを会社説明会で知ることができました。国産ディーラーの説明会にも出向きましたが、輸入車には国産車にはない様々な魅力があることに気が付きました。いくつかある、輸入車ディーラーの中でも自分が好きな『BMW』を正規で取り扱っているSKY GROUPは特に魅力を感じて志望しました。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
入社から現在まで車検/点検、整備を主に行っています。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
整備学校で習った技術や知識は、基本的に国産車がベースになっています。輸入車と国産車は構造上の違いがあるので、入社前は自分が学んできた技術や知識を仕事に活かすことができるのかという不安がありました。しかし、実際は輸入車でも大まかな構造は国産車と似ていたので、技術や知識を十分に活かすことができました。この違いが大きなギャップでした。 しかし、細かい部分は国産車とは違うので初めは戸惑うこともありました。例えば、オイルフィルターの位置が国産車とは違うため、どこにあるか分からず四苦八苦したこともありました。しかし、こうした違いを日々発見できる事はとても面白いギャップでした。
仕事のやりがいはなんですか?
『BMW』という世界的ブランドの最先端技術を肌で触れて感じることができ、同時に自分自身が日々スキルアップできることにやりがいを感じています。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
電気回路の故障を修復する際、電気の流れを一から追って、どの箇所で断線してショートしているのかを地道に探求していく作業があります。この作業は知識と経験が必要なため、新人の頃はとても難易度が高い作業になります。入社当時はなかなか上手くできずに四苦八苦していましたが、先輩にご指導して頂き故障箇所を自分で特定できた時は本当に嬉しかったです。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
学生時代は、ラーメン店でアルバイトをしていました。ラーメン店も職人気質なサービス業の部分があるので、学生時代からそういった仕事を自然とやりたいと感じていたのだと思います。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
明るくて誰とでもコミュニケーションが取れる人だと思います。技術的な部分は、入社してからどうにでもなります。入社後にはしっかりとした研修制度も用意されています。現在は、3ヶ月に1回の頻度で『BMW Japan』にて技術講習を受けさせていただいています。そういった社員の育成を丁寧にして頂けるので安心して下さい。
SKY GROUPに入りたい方に一言。
若い仲間が中心でとても活気があって働きやすい職場です。先輩との年齢も近いのでコミュニケーションも取りやすく人間関係がとても良い職場です。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY