メカニック(整備士)/
田中 俊也

  • ポルシェセンター横浜 サービス工場
  • 2015年入社
  • 日本自動車大学校 マネージメントコース 卒

失敗を“成長に繋げる”

志望動機を教えて下さい。
『Porsche』のような高級輸入車の整備に携わりたいと考えていました。しかし、そのようなスーパーカーのメカニックを新卒で募集している企業はSKY GROUP以外にはありませんでした。他のディーラーは、国産車である程度の経験を積んでからの中途採用が一般的でした。新卒1年目からスーパーカーのメカニックになれるということは、自分にとってはまさに夢のようなことでした。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
現在は、チームの先輩として後輩の指導に携わっています。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
仕事に対する大変さや重圧は承知の上でしたので、イメージ通りでした。工場見学にも足を運んだので、会社の雰囲気は感じ取ることができていました。
仕事のやりがいはなんですか?
『Porsche』は昔の車を大切にお乗り頂いているオーナー様が大変多いブランドです。自分が見たこともないようなクラシックカーの整備を担当することもよくあります。現行車とは構造自体がまるで違うので、自分で考えて作業していかなければなりません。先輩も分からないようなクラシックカーの整備を成し遂げられた時は、何ものにも代え難いやりがいを感じられます。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
失敗をして悔しい思いはたくさん経験しました。ただ、メカニックは失敗を通して学ぶことの方が多いのです。同じ失敗は2度としないと自分の中で決め、理解できるまで徹底的に勉強しました。 失敗を成長に繋げるという転換の発想がなかったら、今の技術を得ることはできませんでした。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
車の販売店を経営している親戚の影響で、幼い頃から車が大好きでした。整備学校へ入学すると、周りの友人が車を所有していたので羨ましくて自分も直ぐに購入しました。購入してからは、毎日のようドライブに出向き整備やメンテナンスも自分で行っていました。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
几帳面で丁寧さを兼ね備えている人だと思います。その2つを持ち合わせていれば、難しい技術も必ず経験で身につけることができます。
SKY GROUPに興味を持っている方に一言お願いします。
SKY GROUPは、「やりたい」という熱意があれば、チャレンジさせてくれます。新しいことに積極的に挑みたいという人はぜひ挑戦して下さい。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY