メカニック(整備士)/
小川 祥太

  • ポルシェセンター新潟 アフターセールス部
  • 2014年入社
  • 新潟工業短期大学 自動車工業科 卒

“学ぶこと”に終わりはない

志望動機を教えて下さい。
国産車ではなく輸入車のメカニックになりたいという想いが強かったのが1番の志望動機です。普段では絶対に触ることのできないスーパーカーでもSKY GROUPなら携わることができるチャンスがあります。また、国産車だと簡単にできる整備内容でも輸入車ではとても難しい場合があります。自分の場合は、あえて難しいことをした方が成長することができるのではないかと思い志望しました。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
入社1年目は『Jaguar』『Land Rover』の車検/点検を担当しました。慣れてきたら徐々に自分の希望していた『Porsche』の車検/点検を任せていただき、現在はPorsche専門のメカニックとして働いています。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
入社して改めて感じたことは、国産車と比べると輸入車は整備の難易度が高いということです。入社当時に初めてエンジンルームを見た時は、国産車と構造が違いすぎて全く分からずに戸惑いました。整備に使用する工具一つとっても専用の物を使わないといけない場合もあります。初めの頃は、分からないことが多く、とにかく先輩に聞いて教えていただきました。先輩は何も分からない自分に対して一から丁寧に教えて頂いたので、今では自分一人で整備できるまで成長しました。
仕事のやりがいはなんですか?
メカニックは車検/点検のように、ある程度の作業工程が決まっている単純作業が多くなります。なので、自らが原因を調べて経験と知識を活かし、どのような工程を踏めば最善の解決にたどり着くことができるかというのを考えた上で、達成することができた仕事にはとてもやりがいを感じます。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
入社1年目でPorscheの『Cayman』のという車種のエンジンを初めて1人で下ろした時です。ミッションごと下ろして、分解修理して組み直しました。エンジンが回るまでは本当に不安でしたが、1発でエンジンが始動した時は達成感と同時に成長することができたことを実感しました。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
高校生の頃にオートバイを購入して、週末になると友人とツーリングに出かけたり、カスタマイズを楽しんでいました。その影響で、車に関しての興味がでてきて自動車工業科へ進学しました。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
自分で考える事ができて、臨機応変な問題解決ができる人だと思います。メカニックは毎回のように違うトラブルが起きるので、マニュアル通りに作業すると上手くいきません。なので、今までの経験を踏まえて違う方面からの解決アプローチをする能力が必要となります。そのためには、要領の良い勉強を常にする必要があります。自動車業界は常に最新技術が誕生するので、どれだけ学んでも100%の知識を身につける事はできません。学ばなければいけない分野は幅広いので、どのような知識を得れば仕事に活かすことができるのかを見極めて学ぶ必要があります。
SKY GROUPに入りたい方に一言。
様々なハイブランドの車に触れることができるチャンスがあります。自分は『Porsche』の整備に携わることが夢でした。そんな夢を20代で叶えることができました。誰にでもそのようなチャンスを与えてくれるのがSKY GROUPの魅力です。早い段階で夢を叶えることができたので、今は新たな夢に向かって邁進しています。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY