メカニック(整備士)/
野澤 巧

  • ボルボ・カー新潟
  • 2014年入社
  • 新潟工業短期大学 自動車工業科 卒

お客様の“想いが第一”

志望動機を教えて下さい。
学生時代から、海外の自動車メーカーに興味があり、輸入車に携われる仕事がしたいと考えていました。その中でも、プレミアムブランドを多数取り扱っているSKY GROUPは特に魅力を感じ、様々なブランドに携わりながら自分を成長させたいと考え志望しました。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
入社当初は洗車、タイヤ運び、タイヤ交換、先輩の手伝いをさせていただきました。そうして少しづつ仕事を覚えてできる作業を増やしました。 現在は、車検/点検、整備から故障診断まで幅広い作業を任せていただいています。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
学生の頃は、何でも当たり前のように先生が教えてくれます。しかし、社会人になるとそうはいきません。自ら積極的に取り組み学んでいかないと成長することはできません。行動しないと取り残されてしまう社会人の厳しさに、甘く考えていた学生の自分がいました。
仕事のやりがいはなんですか?
プレミアムブランドの輸入車を、触れたり乗れるだけで憧れでした。そんな憧れの車を、メカニックとして整備することができている今の環境に大きなやりがいと満足を感じています。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
入社して間もないころ、エンジンのオイル交換を担当しました。しかし、自分のミスでオイルを入れ忘れてエンジンをかけてしまいました。エンジンからはすぐに異音がして、違和感にすぐに気がついた先輩が対処して下さいました。入社して初めてのミスで悔しくて落ち込みましたが、先輩から確認の必要性と心がけの重要さを改めて教わり、その後のミス削減に繋がりました。 また、サービスアドバイザーに半年間携わった際に、今まで担当していたのに顔も知らなかったお客様とお会いすることができました。それまでは、メカニックしか担当したことがなかったので、お客様とお会いすることはできませんでした。直接お話することにより、お客様の想いを理解することができるとても良い機会でした。その後、メカニックに戻った際、“お客様の想いを第一に大切にして整備する”ことを心がけるようになりました。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
2年遅れて大学へ入学しているため、部活に入って想い出を作ったり、遊んだりということは少なかったです。そのため、アルバイト励んでいました。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
技術や知識が豊富というのはもちろんですが、車に限らず機械全般に携わることが好きな人は向いていると思います。
SKY GROUPに入りたい方に一言。
SKY GROUPに挑戦するのであれば、プレミアムブランドに興味をもって欲しいです。興味があるのとないのでは、仕事に対する面白さがまるで違います。せっかくプレミアムブランドに携わることができるので、価値観を少しでも理解して携わって欲しいです。迷っている方は、まずは興味を持つことからはじめてみて下さい。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY