メカニック(整備士)/
木津 和也

  • Niigata BMW アフターセールス部
  • 2013年入社
  • GIA新潟国際自動車大学校 2級自動車整備科 卒

日々、“スキルアップ”ができる

志望動機を教えて下さい。
自動車専門学校の整備科に通っていたので、メカニックになりたいという想いは学生時代から強くありました。また、外車、特に『BMW』に強い魅力を感じており、BMWを正規で取り扱っているSKY GROUPを志望しました。 また、様々なハイブランドの外車に携わることができるのも大きな理由でした。ハイブランドを取り扱っているだけあり、学生の時に参加させて頂いた会社説明会の雰囲気がとてもお洒落で高貴な印象がありました。社員の方も若い方が多く、とても明るくて活気のある会社だなと感じ志望しました。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
基本的な業務は車検/点検、整備になります。また、お客様からご指摘いただいた気になる箇所をその都度整備していく業務は多くあります。入社当時に比べると、1日にこなせる作業量が多くなりました。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
BMWの世界最先端技術に日々驚愕しています。昔の車と違い、コンピューター診断をして処理をするという作業が多く、電子工学の知識も必要とされます。入社前はそのような作業は想像もしていなかったので、メカニックのイメージが変わりました。 会社の雰囲気や業務内容は自分の想像していた通りの明るくて働きやすい環境でした。
仕事のやりがいはなんですか?
メカニックとして日々スキルアップができるという所です。技術や知識に終わりはなく、日々新たな技術が誕生する業界なので、その技術を習得できた時はメカニックとしてのやりがいを感じる瞬間です。 また、お客様から頂く「ありがとう」のお言葉は何度聞いても嬉しいです。そのお言葉を糧に日々精進することが出来ます。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
入社して、人生で初めて車体からエンジンを下ろす作業に携わる機会がありました。しかし、初めての経験だったので四苦八苦してしまい先輩に教えて頂きながらやっとの思いで下ろすことができました。その下ろした車をたまたま街で見かけた時は本当に嬉しかったです。自分は社会に貢献することができていると実感しました。この経験は、SKY GROUPだからこそできた経験だと思います。国産車では台数が多いため、自分が整備した車を見極めることは難しいですが、輸入車は見かける台数も少ないですし特徴的なデザインが多いので直ぐに自分が整備した車だとわかります。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
父が車好きだった影響で幼い頃から車が大好きでした。高校卒業後は迷わず自動車専門学校へ進学しました。18歳で二輪の免許を取得してすぐにオートバイを購入して、毎日のように整備やカスタマイズを楽しんでいました。 その後、車の免許を取得して車を購入しました。週末には友人とカスタマイズを楽しんだりサーキットに出向き、車への愛着が日々増していきました。在学中に自分のカスタマイズした車が雑誌に掲載されたこともあり、一生の思い出です。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
自分の中で1つ揺るがない信念を持っている人だと思います。扱うブランドはどれもハイブランドになるので、中途半端な想いでは触ることはできないと思います。
SKY GROUPに入りたい方に一言。
自分が努力すればきちんと評価していただき、希望が叶い、結果のついてくる会社です。自分はBMWへの配属を希望していたので、その想いを評価して叶えていただきました。東京の店舗では、『ポルシェ』や『ランボルギーニ』といった一生かけても乗ることができないハイブランドに携わることができるチャンスがあります。そういうチャンスがあるのがSKY GROUPの魅力だと思います。好奇心と探究心がある方はぜひ挑戦して欲しいです。 また、自分のスキルが向上すれば、それに応じてやりがいのある難しい仕事も与えて頂けます。先輩や上司が分からないことは一から丁寧に教えて頂けるので、自然と上達も早くなります。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY