NEWS
ニュース

Huracan EVOの車内空間

皆様こんにちは。

今回はHuracán EVOのインテリアデザインについてお話しします。

 

【 Huracán EVOの車内空間 】

 

まず、大きなポイントとしてタッチスクリーンの進化です。
コックピットのセンタートンネルに8.4インチ(!)の
最新版のタッチスクリーン・システムが収められており
タッチ操作で車両機能やエンターテインメント機能の操作が可能になっています。

 

また、スクリーンの大きさについても
8.4インチというとiPadとiPad mini4の間くらいの大きさですので
大きさも十分確保できている事を考えると、操作性の向上も期待できます。

チェンテナリオに搭載されたタッチ画面より更に進化した
インフォテイメントシステムで、より車との一体感を感じられるようになっています。
営業チームも、最新のインターフェイスユニットをとても楽しみにしています!

最新車両という事もあり、様々な面で進化しておりますので
試乗でお客様に触れて頂けるのが大変楽しみです。

 

もちろんイタリアを代表する猛牛としてのデザインも忘れません。
正統なイタリアンスタイルを幾重にも重ねて仕上げた内装には最高級の素材を採用。
ディティールにまでこだわり抜くランボルギーニのスタイルに
きっとご納得頂けるはずです。

また、EVOトリムと呼ばれるものが初登場し
今までのアドペルソナムと共に更にオリジナリティー溢れる
自分だけの内装にアレンジすることが可能になっています。
スーパーカーらしいスポーティーなシートに美しい差し色のカラーはもちろん
落ち着いたトーンで仕上げるのも◎。

いままでのアドペルソナムよりも更に車内の小さな部分まで
こだわってオーダーが可能になったEVOトリム。

私どもとしても、とても楽しみにしている事のひとつです。

まだまだ明かされていない情報も多いHuracán EVO。
このブログではこれからもちょっとした情報などを
皆様にお伝えしていければ、と思っております。

ENTRY
新卒採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY