Mechanic
メカニック

ランボルギーニ麻布 品川ワークショップ

長島 大祐

【出身】
日本自動車大学校 自動車整備科  卒
志望動機を教えて下さい。
前職はボルボのディーラーで5年間メカニックを担当していました。しかし、スポーツカーやレースカーが学生時代から大好きで、将来的にはそういう方向に行きたいなとずっと思っていました。ボルボのディーラーである程度仕事ができるようになり、そろそろ次のステップを考えていました。そんな時に、『ランボルギーニ』という求人を見つけて、これしかないと思いました。
入社から現在までの仕事内容を教えて下さい。
新卒の場合はまず洗車から始めて、2〜3ヶ月して慣れてきたらやっと車に触れます。しかし、私の場合は中途入社ということもあり即戦力として最初から重整備の仕事を任せて頂きました。1番最初はいきなりクラッチ交換という重要な仕事を任せて頂きました。次に憧れの車である、ランボルギーニの『ムルシエラゴ』という車の燃料タンクの交換をしました。 しかし、スーパーカーに携わっていた訳ではないので、最初はなかなか上手くいかず悔しい思いをしました。やはり、普通車とは作業する体制や構造が違い過ぎて戸惑うことが多かったです。エンジンも全部後ろにあるので、どうやって手を伸ばしたら良いかも解りませんでした。前職でも外車のメカニックを担当していたので、自信はあったのですが最初の頃は挫折も経験しました。ただ、“できなくて当たり前”というスタンスで先輩メカニックが一から丁寧に教えて頂いたので上達も早かったです。現在は、レースやクラシックカー事業にも携わらせて頂き日々メカニックとして成長できています。
入社する前と入社後のギャップはありましたか?
入社前はランボルギーニという車自体ほとんど見たことがなかったので、具体的なイメージが描けなかったです。地元の千葉では全く走っていませんし、東京に来ても見たことがありませんでした。なので、入社前は月に10台くらいしか納車しないだろうというイメージでした。しかし、実際は月に50〜60台納車してきて驚きました。納車台数が入社前とは明らかにギャップがありました。納車台数が多い分携わる台数も増えるので、経験値が上がり良いギャップになりました。
仕事のやりがいはなんですか?
難しいトラブルが発生して原因の解決ができなかった時はメーカーに問い合わせるのですが、メーカーですら原因究明ができないことがあります。その場合は、自分達で原因を見つけないといけません。その原因を自分達で発見した時は最高に嬉しくて達成感に満たされます。 発見したトラブルの原因はメーカーに報告して、それが次の車を作る時の対策のポイントになります。なので、より良い車を製造していくには自分達が見つけたトラブル原因をメーカーにどんどん伝えていかないと車は良くなりません。より良い車作りに自分が貢献できた時は、とてもやりがいを感じます。
思い出に残っている、仕事エピソードを教えて下さい。
入社して2年目の時に、V12エンジンを修理のために初めてオーバーホールしました。バラしたエンジンを組み直したら元々壊れていた箇所は直ったのですが、違うトラブルがでてしまいました。。そのトラブルを直すためにもう一回バラして、これで直ったと思い込んで組み立てたら駄目でした。さらにもう1回バラして直そうとして、結局3回エンジンをバラしました。結果的に自分の力ではエンジンを直すことが出来なくて、とても悔しい思いをしました。 思い返してみると、失敗エピソードの方が多いです。ただ、失敗して覚えることの方がメカニックは多いので、悔しさをバネに成長できています。
学生時代はどのように過ごしていましたか?
中学生の時に友達や親の影響で車が好きになり、将来は車両関係の仕事がしたいと思い始めました。専門学生時代は車がどうしても欲しかったので、免許を取ってすぐに車を買いました。車を買ってからは、毎日のように運転をしていました。また、整備も自分で行いました。ある程度の整備ができるようになると、友人の車を直してあげたりもしていました。なので、大好きな車に毎日触れる今の仕事は天職だと思います。
どういう人がメカニックに向いていると思いますか?
人の意見を素直に聞くことができる人だと思います。頑固だと考え方が固まってしまい、原因が究明できないことがあります。そうなると、自分の考えは絶対に正解だと思い込み、人の意見に耳を傾けないで黙々と作業をしてしまうことになります。そうではない素直な人は、吸収力も良いので上達も早いです。 また、スーパーカーという性質上、変にプライドがない人です。これは相当重要です。あとは、車が好きでしょうがない人。運転するのも、いじるのも大好きな人です。
SKY GROUP に興味を持っている方に一言お願いします。
扱っているブランドはハイブランドが多いので、常に新しいことに挑戦できる会社だと思います。例えば、私が入社した時はレース事業は行っていなかったのですが、2年前から『トロフェオ』というレースにてお客様のサポートとしてレーシングメカニックとして同行させて頂いています。このような貴重な経験が出来るのでSKY GROUPは本当に面白い会社だと思います。 ハイブランドのメカニックというと職人みたいな人が沢山いるイメージをお持ちの方もいるかと思いますが全然そんなことはありません。みんな年が近いので、先輩後輩というよりは車好きの仲間というような感じです。車好きの仲間が多いので一緒にツーリングに行ったり、車の話題で毎日が楽しいです。新しいことに挑戦したい方とぜひ一緒にお仕事がしたいです。

社員の声 /
メカニック

社員の声 /
アドバイザー

ENTRY
中途採用エントリー

まずはお気軽にエントリーをお願い致します!

ENTRY